結婚はなんのためにする?~恋愛コンサルタントが考える結婚の意味~

先週末は愛媛県は松山へ行ってきました。

ピースボート時代にお世話になったお父さんに会うためです。

 

道後温泉入って、お父さんと夜遅くまで話して。

いろいろなことを教えてもらいました。

 

さて、タイトル。

 

結婚が持っている社会的イメージはいろいろあります。

 

結婚式のような華やかなイメージ…

反対に離婚や不自由と行ったマイナスのものもあるでしょう。

 

ただ、結婚というのはあくまで社会制度です。

 

その人がその人らしい人生を歩めるかどうか、つまり自由とは本質的に違うと考えています。

 

今日はそんなお話。

 

◯結婚は◯◯だ!

「結婚とはなんですか?」と聞かれた時、みなさんならどう答えるでしょうか?

 

「結婚は忍耐」

「結婚は人生の墓場」

「結婚をすると自由がなくなる」

 

ある程度は正しく、ただある程度は間違っている。

というのが私の考え方です。

 

確かに自分の理想通りのパートナーが現れ、結婚したとする。

だけど、どこか不自由を感じることがある。

 

そんな経験をすると先程の言葉が出てくるのかもしれません。

 

◯結婚は自分が自由になるためにする

私にとっての結婚とは「自由になる」ためにするものだと考えています。

 

(これを言うと結構「?」という顔をされます笑)

 

結婚とは相手に愛を送り、そして受け取ること。

相手の存在を認め、自分の存在も認めてもらう。

 

(なんて恥ずかしいことを書いてますが、割と本気で思っています)

 

自分らしさを表現する方法として相手がいるのです。

 

弱みを出したり、自分の考えを共有したり。

ときには話し相手になってもらい、自分をより深く知る。

 

決して自分が不自由になるためにするものではありません。

 

結婚したら不自由になったり、束縛されたり。

つまり、自分らしさが欠けるならそんな結婚しないほうが良いと思います。

 

また、そうしなければ結婚できないと思っているのであれば、一度立ち止まって考えてみるといいかもしれません。

 

◯自分なりの結婚の意味を考える

私にとっての結婚の意味は「自由になるため」でした。

 

ただ、これが正しいというつもりはありません。

大事なのは「結婚とはなにか?」ということを自分に問いかけることです。

 

だから、ひどい結婚をしても、ひどい離婚をしても、そこから学んで次に活かせれば良いと思います。

 

(まぁもちろん結婚は契約なので、非常に重みがあることを忘れてはいけません)

 

どちらにしても必ず学びがあるのです。

立ち上がるのに時間がかかるかもしれませんが、その時は自分のペースで良いと思います。

 

結婚したら幸せとか

結婚したら満足とか

 

そういう社会で言われているような結婚観を一度考えてみると、本当の自分の価値観が見つかることがあるかもしれません。

 

◯まとめ

結婚に関するイメージはいろいろなものがあります。

幸せなものからそうでないものまで。

 

ただ、結婚は冒頭でも述べたようにただの社会制度であり、それ以上に意味はありません。

 

反対に言えば意味がないからこそ、自分で意味を探す必要があるのです。

 

そうした先に理想の結婚を始め、自分の理想の人生があるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です