恋愛における「出会いがない問題」の解決方法について腑に落ちたのでシェアをしてみる

みなさん、こんにちは。

熱海 恋愛デザイン事務所 所長のべぇです。

 

4月になったのにすごい寒いですね。

ダウンはまだまだ現役でございます。

 

さて、タイトル。

 

最近ある本を読んでいてとても腑に落ちたこと。

私と妻の出会いはこのステップを踏んでいたなぁと。

 

今日はそんな話。

◯出会いがないという相談はとても多い

恋愛相談をしていますと言った時、こういった声があります。

 

「そもそも出会いが少なくて困っている」

 

社会人ともなると、なにか行動しない限り基本は会社と家の往復。

出会いも必然的に職場や合コンに限られます。

 

だけど、職場に自分に合いそうな人はいない…

 

結局、何も行動しなければ今の現状が未来も続くこととなります。

恋人やパートナーがほしいなら、何かしらの行動をする必要があります。

◯人脈作りの5つのステップ

本には人脈というタイトルで書かれていましたが、そのまま恋人とかパートナーと置き換えてもいいかもしれません。

 

具体的には以下のステップ。

1:もともとの友人からスタートする

学生時代やちょっとしたサークル。

 

また、外に出てみてなにかにイベントに参加してみる。

そういったところで友人を作ってみると人脈が広がります。

 

昔の友人であれば「最近どうしてる?」の一言で直接会おうとなることもあるでしょう。

2:スーパーコネクターを見つける

友人の中でも特に他の友人と多い人がいるはず。

この友人とより深い関係を続けてみると、さらなる人脈が広がることがあります。

3:時間と予算を準備する

人と出会うためには当たり前ですが、時間と予算が必要です。

これは大なり小なり、お金をかけなければらなないでしょう。

 

飲食費を始め、交通費。

休日の何時間か。睡眠の代わりに飲みに行くということが大事です。

4:グループに参加する

定期的なイベントを開催していること。

 

イベントとはパーティのようなものも含まれていますが、ここではちょっとお茶を飲むというような軽いものまで含みます。

 

複数人が定期的に何かをしていることが大事なのです。

5:つねにフォローアップする

フォローアップとは継続的に連絡を取るという意味。

 

今の時代、SNSが発達しているから誰かが発信したらコメントをする、なんてことで細いながらでもつながっていられると思います。

◯私と妻との出会い方

私はこのステップを見事に踏んでいました。順を追って説明すると…

1:もともとの友人からスタートする

私と妻の出会いのきっかけは友人の企画する料理教室。友人とはゴミ拾いボランティアで出会っていました。

2:スーパーコネクターを見つける

その友人はかなり活動範囲が広く、友達も多いスーパーコネクターでした。

3:時間と予算を準備する

料理教室は毎月開催されていました。私はそこに必ず参加し、時間とお金を使っていました。

4:グループに参加する

料理教室というグループは次第に大きくなり、参加人数も増えてきました。最終的には10-20人ぐらい。

5:つねにフォローアップする

facebookページを始め、仲良くなった人とはネット上でもつながっていました。

 

そして、ある日、その友人が妻(当時は友人)を料理教室に連れてきたのです。

◯まずは自分が楽しいと思うことから

料理教室に通っていたのは、料理をしたかったからではありません。

料理を通じて参加者同士がつながることが楽しかったからです。

 

つまり、なにか行動をしたいと思った時、そこに楽しさがなければ意味がないと思っています。

 

恋人がほしい、パートナーがほしいというよりも、まずは自分が楽しいと思うこと、自分が一緒にいて楽しい人とつながることが意外と近道だったりするのだと思うのです。

◯まとめ

出会いがないというのはとても多い相談内容の1つです。

 

いろいろな原因がありますが、人との出会いというのはそんな難しいものではないと思っています。

 

休日の少しの時間を別のことに投資する。

 

そうすることで、今までと違った世界が広がっていることがあるのです。

 

少しずつでいいので行動してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です