恋愛に努力は必要か

みなさんこんにちは。

熱海 恋愛デザイン事務所 所長のべぇです。

 

今日の朝は強風ですね。

これが春一番。春がやってきました。

 

さて、タイトル。

 

私は市場調査のために女性誌を読むことがあります。そこでは色々な気づきがあります。

 

世にある恋愛セミナーとかをみている(といっても私は行ったことないのでなんとも言えませんが)と、私のやりたいことがよりはっきりすることがあります。

 

そこで出てきた恋愛に努力は必要か?という疑問。

今日はそんなお話。

○そもそも努力とは何か

恋愛に努力は必要か。

 

いや、必要でしょ!

と突っ込まれそうですが、それについて疑問を投げかけたいと思います。

 

まずは昨日、妻と考えた努力の定義について。

 

「努力とは適切な目標に向かって、適切な行動を適切な期間することである」

 

努力が報われるのはこういうパターンでしょう。

反対に努力が報われないのは目標、行動、期間のどれかが間違っているのです。

 

例えば目標。

 

富士山を登る!という目標をセッティングしたけど、気がついたら高尾山に登っている。それも、高尾山に登っていることに気づいていない。

 

これではいくら登っても富士山に登ることはできませんよね。

 

恋愛でも同じことがあります。

 

理想の彼氏と結婚したい!と思っても、理想とは全く違う人と付き合っている。これではいつまで経っても自分の理想の恋愛は難しいかもしれませんね。

 

その理想に気づくためには、正しい地図とコンパスを用意する必要があるのです。

 

○まずは地図とコンパスの準備から

地図とコンパスは自分の価値観と判断基準と言い換えることができます。

 

つまり、富士山に登るためには地図(自分の価値観)とコンパス(判断基準)が必要です。

 

思い通りの恋愛ができないのはこの地図とコンパスがそもそも間違っている場合があります。

 

それは社会の価値観や誰かの憧れなど、他人の価値観です。

 

あんな彼氏がいい、こんな結婚がいい。

 

と描くことはもちろんいいのですが、それが本当に自分の心から来ているかに気づく必要があるのです。

 

○恋愛に努力は必要か

さて、タイトルです。

 

私個人の考えですが、恋愛に努力は必要ないと思っています。

 

というか視点の問題で、周囲の人からは努力していると思われてるかもしれないけど、本人はきっと努力と思ってない。

 

努力の定義に当てはまっている時、人は努力を努力と思わないのかもしれません。

 

自分の心の声に従っていれば、そんなことを考える暇もなく、夢中だからです。

 

反対にどこか辛いと思ったり、苦しいと思ったのであればそれはどこかが間違っているのかもしれません。

 

目標、行動、期間、地図(価値観)、コンパス(判断基準)。

これらを一度立ち止まって考える必要があると思うのです。

 

○まとめ

自分の登る山が適切か。また、そのための準備はできているか。

それらが自分では意外とわかっていないことがあるのかもしれません。

私はその準備をする役割があると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です