「理想」という言葉に潜む罠

みなさんこんにちは。

熱海恋愛デザイン事務所所長のべぇでございます。

 

本日はお日柄もよく、1日昼寝しておりました。
日光を浴びすぎて干からびそうにありました

 

さて、タイトル。

 

恋愛相談をしているとよく耳にするのが「理想」という言葉。
改めて意味を検索したら次のような意味でした。

 

考えうる最も完全なもの。

    •最善の目的。「―が高すぎる」

    •理念。イデー。イデア。

 

 

今日はそんな理想について。

「理想の結婚を描きましょう」の罠

理想の結婚と聞かれてどのようなことを思い浮かぶでしょうか。
いろいろな条件が浮かぶかもしれません。

 

年収が高い男性。

背の高いイケメン。

結婚指輪はハリー・ウィンストン…etc

 

 

理想は「考える完全なもの、最善の目的」という意味がありました。
つまり、結婚において、自分が最も良いと考える状態です。

 

私が考える理想という言葉の罠は

 

「自分が最も良いと考えていることの根拠はどこから来ているのか ?」を考えず、

誰かの価値観で自分の価値観を埋めてしまう

 

ということだと思っています。

その条件は本当にあなたの価値観 

例えば、「年収の高い人と結婚したい」という条件。
これはよく結婚においてよく聞かれる条件の1つだと思います。

 

今後の2人の生活を営む上でお金は必要ですから、
あって損することはありません。

 

では、その条件の根拠・理由はなんでしょうか。

どうして自分がそう思うのか。

 

もしあなたがこの条件をあげたとして、
それを事細かに説明できるでしょうか。

 

理想の条件の根拠を説明できるかどうかが、私は大事だと思っています。

理想の条件を上げることは問題ない。だけど

理想の条件を上げることに私は賛成です。

それこそ100200個あげてもいいと思います。

 

ただ、先程の申し上げたように、
それらがどうして自分の中から湧き上がるのか。

 

その理由のほうが大切だと思っています。

 

あげた条件を精査していくと、
実は大事な価値観はそう多くないことがあります。

 

例えば

金持ちだけどDV彼氏。

だったら、DVをしない彼氏のほうが良かったりするわけです。

 

まとめ

自分の理想が誰かの理想だった。

そんなことは多々あります。

 

それはメディアや雑誌のイメージが結婚を作り上げているからかもしれません。

もちろん、私はそれらを悪いと言うつもりはありません。

 

 

ただ、結婚は個々によって個性があります。

 

年収が低くても幸せになることもできますし、

外見が自分の好みでなくとも楽しく過ごすこともできます。

 

それは結局自分軸に沿っているかどうか。

私はそう思います。

[余談]べぇの結婚観

私は私自身にコンサルをしたことがあります。

 

そうすると私の結婚観は以下の通りでした。

 

「相手自身が自分のことを認めていて、私のことも認めてくれる結婚」

 

昔の私はお金!お金!と考えていましたし、相手に求めるものもそれなりに高かったように思います。

(何もできないのに相手に理想を求める今思えばとても恥ずかしいことです)

 

ただ、この軸ができたとき今の結婚生活がとても腑に落ちたのを感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です